オスカリート|Oscalito

イタリアトリノにて1936年創業のインナーウェアとニットのブランド「オスカリート」の日本初専門店。自ら厳選した糸を用い自社工場で大切に織り上げるオスカリートのこだわりを表現するため、売場を囲む壁面には、オスカリートの商品の原料となる糸巻きを、その糸を用いた商品を着用したボディと並べて展示した。そして、それぞれのボディの下には同素材の商品が展開できる棚/パイプを設置した。売場の奥には、カーテンで囲えば着替えが可能な自由度の高い試着スペースとカウンター席を設け、様々な接客状況に対応できるようにしている。モノトーンの素材に銅素材とアンティーク素材を加えることで、ベーシックな中に遊び心を提案するオスカリートの世界観を表現している。

Oscalito was launched in Torino, Italy in 1936 as a brand producing knitwear and linen garments. This was the first specialized shop in Japan. In order to describe Oscalito’s philosophy that they weave all their clothes in their own factory from fibers sourced by themselves, on the walls around the main space, we displayed some dummies with fiber reels showing the materials used. And then we put some shelves / racks below the dummies, to display merchandise for each material. We planned a flexible space that can become fitting spaces using drapes, and a seating area. This can then be adapted to many situations. We described Oscalito’s world “basic but full of fun” by using copper and antique materials in monotone shades.