Listed on “architecturephoto”

「けん・ぱ」の家が、日本でもっとも有名なサイトのひとつarchitecturephotoに掲載されました。

HOPSCOTCH HOUSE has been listed on the most visited architecture JP website “architecturephoto”.

ヒラモトデザインスタジオ / 平本英行による、埼玉の住宅『「けん・ぱ」の家 <分節と結合>』 | architecturephoto.net

all photos(C)藤井浩司 / ナカサアンドパートナーズ ヒラモトデザインスタジオ / 平本英行が設計した、埼玉の住宅『「けん・ぱ」の家 <分節と結合>』です。 これまで別々の家で生活をしてきた家族/親族が、新たに1つ屋根の下に暮らすことになった。今回のプロジェクトでは、別々の生活に慣れきった個々人が、適度な距離感を維持しながらも友好的な関係性を築くことができる空間を模索した。 また、バリアフリーの観点から段差のない平屋とすることになった。平屋の中心部まで採光と通風を確保することを考えた。 ※以下の写真はクリックで拡大します 以下、建築家によるテキストです。 *********** <与条件/課題> これまで別々の家で生活をしてきた家族/親族が、新たに1つ屋根の下に暮らすことになった。今回のプロジェクトでは、別々の生活に慣れきった個々人が、適度な距離感を維持しながらも友好的な関係性を築くことができる空間を模索した。 また、バリアフリーの観点から段差のない平屋とすることになった。平屋の中心部まで採光と通風を確保することを考えた。 <建築的解法> 各必要居室を個別の建屋として分節し、それらを1+2+1+2+1の「けん・ぱ」レイアウトで並べた。これにより、以下の解決をすることができた。 1.各建屋にそれぞれ異なるボリュームを与え、これらをずらしながら結合することで、1つながりの空間の中に「くびれ:切り替え」と「たまり:性格の異なる空間」を生み出した。家の中を回遊した際に心地よい変化(リズム)を感じられるのとともに、各個々人が他の同居者との間合いを測りながら好みの「たまり」を選んでくつろぐことができる。 2.「ぱ」の部分ではその間に中庭を設け、平屋の中心部へ採光と通気をもたらしている。 3.「ぱ」に相当する2つの居室は、その両側の「けん」と「けん」をつなぐ2つの経路としても機能する。そのため、本来これらの部屋を互いに邪魔しない様に行き来するために必要であったはずの廊下を無くすことが出来た。床面積を効率的に使えるだけでなく、居室同士が直に結合することで互いの気配を共有することが出来る。このことは、同居者同士の間合いを測るために必要である。

architecturephoto.net