サロン クスダ|SALON KUSUDA

日本のワイン界のカリスマ楠田卓也氏と著名シェフ宮永久嗣氏のコラボレーションによるレストラン。繁華街から少し離れた立地な上、ビルに入るのにレストランをインターフォンで呼び出さないとならないという不便さを逆手に取り、可能な限り辿り着き難いレストランを考えた。レストランという業態を表には表現せず、楠田氏が世界中から厳選したワインが眠る日本一のワインセラーの中にある、秘密のダイニングという位置付けにした。看板のないビルエントランスのインターフォンを押して解錠してもらい、エレベーターで地階へ降りて扉が開くと、直接、楠田氏の書斎に到着。ここは、楠田氏の仕事場であり、楠田氏が客の好みに応じて一期一会のワインをセレクトしてくれる対面販売の場でもある。そこの棚の間にある隠し扉を開くと、ようやくレストランを見つけることが出来る。いくつものハードルを超えた先に、幾つものサプライズを用意。ハードルは多いほど、サプライズも多いほど、その後に生まれる満足感/優越感は大きくなる。そこは、楠田氏のワインセラーの中に存在する、招かれた客人の為の特別なレストランである。

This restaurant is a result of the collaboration between Mr. Kusuda Takuya, a connoisseur of the Japanese wine scene, and Mr. Miyanaga Hisatsugu, a famous chef. It’s located far from a busy thoroughfare in a quiet part of Ebisu, and access is via private intercom only. I wanted to create a feeling of exclusivity and a special place for diners, different from other restaurants in the area, changing the negative “inconvenient” into a more positive idea. I treated this restaurant not as a standard restaurant, but as a secret special dining space within a world class wine cellar, known only to a select clientele. Guests will gain access via an unmarked entrance, descending to a basement level where doors will open to reveal Mr. Kusuda’s private working space, where Mr. Kusuda will customize and select wines for each customer to purchase. Then a hidden door opens between the shelves, finally entering the dining space. I tried to help the guests to acquire a lot of satisfaction / pride for visiting the space by setting them many hurdles before finally arriving at the restaurant. The guest could feel that here is an exclusive table that inhabits Mr. Kusuda’s wine cellar, only for invited guests.

*写真の人物は楠田氏ではありません。(使用イメージとして、平本が座っております)

*ワインセミナーにも対応可能|Also available for wine seminars

*テーブル席は個室としても間仕切り可能|Table area can change to private rooms, if required.


Photo by Koji Fujii / Nacasa & Partners Inc.,